水素水と運動を考える

最近プロアスリートの間でも健康管理やコンディション管理に愛用者が増えている水素水。
以前はWBCの時にイチローが愛用していることで話題になり、一気に名前が売れましたね。
活性酸素を除去してくれることで有名な水素水ですが、アスリートや運動をよくする健康志向の方の関心が年々増えているのは、運動と活性酸素の密接な関係にあるようです。
人間が呼吸をすると必然的に体の中に活性酸素が生まれてしまいますが、運動をする人は運動をしない人よりも筋肉量が多いので、酸素の消費も多くなってしまうのです。
運動中に活性酸素が増えるわけではなく、運動中に筋肉に送られた血液が運動後、内臓に一気に戻るという現象が起こります。
この現象が大量の活性酸素を生んでしまうのです。
なので、プロアスリートのように毎日のように激しい運動をたくさんするような人だと活性酸素の量も凄まじいことになるのが想像できます。
健康のためにと始めた運動が逆に老化を早めてしまう可能性がある、ということですね。
プロスポーツ選手は体が資本ですから、専属のトレーナーをつけたりと健康管理にはすごく気を使っている人が多く、体に関する最新の情報にすごく敏感ですので、これからも水素水を導入するプロスポーツ選手はこれからもどんどん増えてきそうです。
軽い運動でも活性酸素はどうしても発生していますので、いつものウォーキングやジム通い、水泳などに水素水を携帯して飲むようにすれば、さらに運動の健康効果が期待できると思います。